当Clinicでは、すべてInterdisciplinary Treatment(包括的治療)を基本にしている。患者は38年間当Clinicで口腔管理をしている症例

である。開業当初から当診療システムで38年間口腔管理をしている。Panorama、CTなどレントゲンを介しての顎骨・歯槽骨の形態・骨

量などを観察したもので、歯槽骨の吸収状態から診ても、ほぼ
二十歳代に相当するように思われる。過去の論文を見ても、口腔内写真

程度がほとんどである。DentalやPanoramaを付加されている症例も少ない。CTやPocket Depthなどの詳細なデータは見られない。しか

も、審査・診察時点の症例が多く、長期経過(38年間)のデータの整っているものはみられない。生存症例では
トップクラスに位置するよ

うに思われる。歯科医や衛生士のその道のプロ達でも、ここまで維持できている人は少ないであろう。

 当Clinicでは、Red complex(Porphyromonas gingivalis:P.G.、Treponema denticola:T.D)、Tannerella forsythia:T.F.)とAggregatibacter

actinomycetemcomitans(A.A)を原因菌とした
感染症対策と全身管理を主としたLifestyle Related Disease(生活習慣病)の一つとして治

療を行っている。


患者:83歳、女性
医療面接:子宮癌(全摘)、卵巣全摘、狭心症(1997年)、白内障手術(RL)(2009年)。帯状疱疹(体幹部、肋間神経支配部)(2010年)は当Clinicで治療。M.K.(胃癌)部分(1/2)開腹手術(2014年)。M.K.手術前の周術前口腔ケアでは、大学病院口腔外科受診時、担当医が口腔状態の良好状態に驚愕されたようだ。現在も毎月のS.P.T.(Supportive Periodontal Therapy)を継続中。


-糖尿病・腎臓病・心臓病・脳卒中・認知症・寝たきり・・-

歯老化と病気は「歯口力」で防ぐ!


NHK ためしてガッテン 2015年 秋(2015 vol.28 Autum)
2015/9/16に非常に参考になる内容が掲載されている。当Clinicの診療方針とも合致するので一部を掲載する。詳細は

■まとめ
●患者は38年間口腔内の疼痛や不自由を感じたことがない。

“中高年、歯は抜ける、毛は抜ける、抜けないのは疲れだけ”(綾小路きみまろ)は、必ずしも当てはまらない!

●筆者は抵抗する。適切なケアと努力(自他)をすれば、充分口腔の健康維持は可能である。

●学術論文では記載できないが、(図16~20)のように、患者のIQ、経済能力、医療側の能力が必要である。揃った時に成功
 (健康維持)する。

●上流と下流で健康格差!下流老人は死亡率3倍に、うつは上流老人の5倍!親の年収が高い子どもの学力は高い!、口腔
 内も同様のことが言える。

経済的ゆとりがなくては、とても維持管理が不可能である。

●初診時から口腔管理を任され、患者・歯科医師・衛生士と三位一体の成果と思われる。


著書“Diathermy”の著作権侵害となるため、禁無断転載・複写。