当Clinic来院患者分布図


                                                                      
 開業以来の来院患者分布統計を取った。遠距離は車、新幹線や飛行機を利用している。近畿地区は日帰り(1日がかり)来院が多く、関東や中部地区では当Clinic近辺にホテルを予約し、集中治療を受ける症例が多い。
海外からは定期的に検診に来院されたり、Dry socketの治療目的で1泊2日の集中治療を受けて帰国される症例である。後者は、通常2~3回の加療で激痛から開放さすのであるから、術者に取っても非常にストレスの大きい治療である。しかし、やり甲斐も大きい。特に近年は、インターネットを介して、頻繁にMailや画像を介して情報交換をすることで、来院回数を減らし、患者の負担を軽減させている。